> ハワイ大学解剖実習から見えてきた「ターンアウトに関わる筋肉」について

ハワイ大学解剖実習から見えてきた「ターンアウトに関わる筋肉」について

こんにちは、伊集院です。

 

ハワイ大学解剖実習から見えてきたシリーズ第2話として股関節について考えてみたいと思います。股関節と言えば「ターンアウト」ですよね!

 

ターンアウトをしている時は股関節の外旋と言う動きになります。この股関節の外旋時に作用する筋肉は2層構造になっています。

表層の筋肉である大臀筋。

深層の筋肉である外旋六筋(下双子筋、上双子筋、内閉鎖筋、外閉鎖筋、大腿方形筋、梨状筋)。

 

実際にヒトの筋肉を見てみると教科書とはかなり違う印象を受けます。大臀筋に関して言うと予想以上に大きく厚みもあり、さらに大腿部外側の真ん中あたりまでしっかりと付着しています。

 

外旋六筋に関しては大臀筋に反して凄く小さいです。教科書のイメージの半分以下くらいしかありません。これはたくさんのご献体を解剖された解剖学のエキスパートに聞いてみても同じことおっしゃっていました。個人差もあまりなく小さいとのことでした。

 

ではこれらの筋肉がターンアウト(股関節の外旋)にどのように作用しているのか?

 

実際の動きに大きく影響しているのは大臀筋

股関節の小さな外旋の動きと外旋位で固定しているのが外旋六筋

 

筋肉の大きさ、厚さ、走行、起始と停止、から考えるとこうなるだろうと私は考えます。

 

理想のターンアウトは外旋六筋で股関節を固定しながら小さく外旋、そして大臀筋を使って大きく

外旋していくイメージです。

 

整体治療も大まかに臀部の筋肉として施術するのではなく、大臀筋と外旋六筋を別々に分けて施術した方がターンアウトの可動域を出すには効果的だと思います。

 

今日は股関節の外旋筋である2つの筋肉に着目しましたが、ターンアウトには全身の沢山の筋肉も作用しています。広く言えば全身繋がっていますからね。

 

ですがハワイ大学解剖実習から戻ってきて股関節のイメージが少し変わった事は事実です。よい意味で!

 

院長 伊集院

img_0680

ハワイ大学解剖実習から見えてきた「カラダの引き上げ」について

こんにちは、伊集院です。

 

先日、ハワイ大学にて解剖実習に参加してきました。なぜハワイ大学かと言うと、設備の良さ、研究室の大きさ、ハワイ大学解剖学科教授の解説付き、などなど素晴らしい環境が整っているからです。ですからレベルがとても高く世界各国の医療やスポーツの関係者が解剖実習のために集まってきます。

 

img_0612

 

実際にメスを持ってご献体を解剖していくのですが、教科書と実際の身体の違いの多さに驚かされます。

 

私はバレエ整体セラピストとしていくつかテーマを持って参加してきました。その中の一つとして「からだの引き上げ」のについて筋肉について改めて考えたいと思います。

 

「からだの引き上げ」がよくわからないというテーマは当院のクライアントさんの悩まれている症状としてはとても多いです。

 

からだの引上げは

□上からヒモで吊られているようなイメージ

□水を下から上に吸い上げるようなイメージ

などと表現されることがあります。

 

やはりイメージとしては縦に伸びる感じでしょうか。では実際にそのような筋肉はあるのか?

 

解剖実習で実際の筋肉を見てきて感じた事は、縦に引き上げる走行をしている筋肉は

「横隔膜」と「骨盤底筋群」の2つだと思います。

 

そして私はこの2つの筋肉がキーポイントだと考えます。分りやすく言うと内蔵の上端が横隔膜、下端が骨盤底筋群です。この2つの筋肉を使うためには他の筋肉も複合的に働く必要があります。

 

いずれにしても抽象的な表現のイメージだけよりも、具体的な筋肉を意識しながらの方が「からだの引き上げ」の感覚はわかりやすいのかなと私は思いますのでクライアント様には伝えて行きますね。

 

院長 伊集院博

最近のブログ記事

月刊アーカイブ

PAGE TOP ↑