> バレエ整体の流れ

バレエ整体の流れ

1.肩甲骨調整

肩甲骨調整をすると肩甲骨の可動域が広がりますので「肩の引き下げが意識しやすくなる」「首が長く使えるようになる」「身体の中心から手を長く使えるようになる」「首肩のコリや痛みの軽減」などの効果が期待できます。

2.肋骨調整

コア(体幹)の筋肉が使えるようになり、肋骨を閉める感覚がつかみやすくなります。中心軸がしっかり通るのでポーズをとった時の安定感やピルエットの上達などが期待できます。

3.脊椎調整

主に胸椎(背骨の背中の辺り)の可動域を出していきます。胸椎の動きが良くなると反りすぎによる腰への負担が軽減されます。脊椎調整をすると背骨全体を引き伸ばす意識がしやすくなるのでワンステップ上達したアラベスクを可能にします。

4.骨盤調整

骨盤調整により骨盤を立てやすくなります。身体の引き上げがしやすくなり、ルルベアップの時やポワントで立った時の安定感が出てきます。そして身体の中心から足を使えるようになりますので足が高く上げられるようになります。

5.股関節調整

股関節調整を行うことでアンディオールがしやすくなり、ワンステップ上達したアラセゴンやドゥヴァンが出来るようになります。さらに股関節が硬いと腰痛、膝痛、足首痛などのケガに繋がりますので大切な治療ポイントとなります。

6.足関節調整

足関節(足首~つま先)の可動性を広げることにより、甲が出しやすいキレイな足へ調整します。さらに足関節から足裏全体の動きが良くなると「床を蹴り出す力が強化される」「身体の軸が通るので安定し踊りやすくなる」などの効果も期待できます。

7.頚椎調整

バレエダンサーはストレートネック(頚椎の正常なカーブの消失)になっている方がとても多いです。ストレートネックになってしまうと踊っている時だけではなく日常生活でも頭痛や肩こりなど様々な問題が出てくることがあります。頚椎調整をすることで首を長く左右に大きく使えるようになります。そして首~肩背部のコリや痛みを取り除いていきます。

8.ピラティス

ピラティスマシンを使ったバレエダンサー向けの運動指導を行っています。「背骨一個一個の動きを出していくことで身体の引き上げ力を強化」「おへそがしっかり正面を向いた状態でのスプリットによる柔軟性向上」「股関節を長く使った意識の中でのアンディオール上達」「足を高く上げるための体幹ストレッチ」「足裏から安定した体幹軸の作り方」などを行っていきます。

9.自律神経調整

毎日のようにハードに踊っている方は身体を緊張させたり興奮させたりすることが多いため自律神経のバランスが乱れやすくなってしまいます。身体からのサインとしてはお腹の調子が悪い、便秘、夜寝付けない、疲労感が抜けない、生理周期の乱れなどが起こりやすいです。自律神経のバランスが乱れているとダンスのパフォーマンスも下がってしまいますので自律神経を整える必要があります。

10.痛みの局所治療

多くの痛みの原因はオーバーユース(使いすぎ)か、身体のバランスの悪さから痛みのある場所に負荷が集中してかかっているためです。当院では局所に対する治療と全身バランスを整える治療の両面からアプローチすることにより早期改善へと導きます。

バレエ整体では上記1~10の行程の中からクライアント様に必要な整体を組み合わせ、目標に向かってプランを立て行っていきます。


バレエ整体についての詳しい内容は、下記からご確認ください。

PAGE TOP ↑