> 針山 愛美

トップバレリーナ推奨の声

バレリーナ 針山 愛美 さん

「すべてが完璧に“つぼ”にはまり身体が本当に軽く感じます」

バレリーナが最も酷使する身体の箇所をストレッチそしてほぐして頂き、
終わった後は身体が本当に楽にそして軽くなりました。
命名します“白鳥マッサージ!”
私が一番凝りを感じる部分の一つの肩甲骨の周りを
ただ押してマッサージをして頂くのではなく、
バレリーナにとって必要な後方に手が伸びるようにほぐして頂きました。
(施術後は楽に後方に手が伸びるようになり、無理にストレッチする必要がなくなりました。)

軽く動くようになり、
まさに白鳥を踊る前に来たいと思うマッサージでした。

その他、足のハムストリング、ふくらはぎ、
足裏そしてお尻の横の筋肉を必要最小限にほぐして頂き、
すべてが完璧に“つぼ”にはまり身体が本当に軽く感じます。
必要最小限で最大の効果を感じました。
普通はマッサージをしたその日は踊らない方がよいとおっしゃる方もいますが、
揉み返しどころか、逆に踊るために必要な身体に戻して頂けた感じです。
毎日でも通いたい!!そんな気持になりました。
Thank you so much.

 

※施術効果には個人差があります。

針山 愛美
バレリーナ 針山 愛美 さん プロフィール

4歳からバレエをはじめる。
13歳のときロシア国立ワガノワバレエアカデミーに短期留学。

1993年からロシア国立ボリショイバレエアカデミーに留学、

1996年同学校をトップの成績で卒業後、
モスクワ音楽劇場バレエ団に入団。

1996年、全日本バレエコンクール・シニアの部第2位受賞。
パリ国際バレエコンクール銀賞(金賞受賞該当なし)。

1997年、モスクワ国際バレエコンクール特別賞。
同年、ドイツ・エッセンバレエ団入団。

1998年、米国バレエインターナショナルにプリンシパルとして入団、
くるみ割り人形などにパキータなどに出演しイリーナ・コルパコワに師事。

1999年、クリーブランド・サンホセバレエにプリンシパルとして移籍。
白鳥の湖などの主役を踊る。

2000年、ニューヨーク国際バレエコンクール銅メダル
(金メダル無し、日本人初のメダル受賞者)。

2001年、ボストンバレエ団に移籍。
タチアナ・テレホア、エヴァ・エフドキモワに師事。
同年、家族5人で構成・演出・出演する夢コンサート2001を開催。

2002年、レニングラード国立バレエ団に招待されてロシアにて「白鳥の湖」の主役を踊る。
その翌週にはアメリカ・インターナショナルバレエコンペティションで
日本人の中でただ一人決勝まで残り特別賞(ロバート・ジェフリーアワード)を受賞。)
この模様はテレビ2002年6月30日、「情熱大陸」でも放送される。
同年、21世紀に輝く女性を讃える「エスティ ローダー 第1回ディファイニングビューティ アワード」を受賞。

2003年、吹田市より“国際交流大使”に任命される。
再びレニングラード国立バレエ団に招待されて「ジゼル」全幕を主演。

2003年7月23日、2回目となる「夢コンサート2003」を開催。
同年ペオリアバレエ、ジャクソンバレエなどに招待されてアメリカ各地でもゲスト主演。
8月朝日放送“きらっと”に出演。

2004年2月、サンクトペテルブルグアカデミーバレエ団で
白鳥の湖全幕の主役オデット・オディールをゲスト出演。
3月にはウランウデ国立バレエ団、4月にはムルマスンスクにて主役としてゲスト出演。

2004年よりウラジーミル・マラーホフ率いるベルリン国立バレエ団に入団。
チャコット株式会社のモデルに起用される。
日本各地では特別講師として招待されている。
その他ヴォーグマガジンなどの雑誌にも登場。
バレエ誌「バレリーナへの道」に毎号、バレリーナ針山愛美の放浪記を連載中。

2006年、夢コンサート2006を2日間にわたり開催。


×
×
×
PAGE TOP ↑