四十肩、五十肩でお悩みの方へ

このような四十肩、五十肩の症状でお悩みではありませんか?

  • 40代50代になって肩が痛くなってきた
  • 腕を上げたり後ろに回したりする動作が痛い
  • 肩が痛く服を着たり脱いだりする動作がつらい
  • 夜中痛みで目が覚めることがある
  • 激しい痛みはなくなったがいつまでも完治しない
  • スポーツをする時に痛みが残っている
  • 整形外科や整骨院に通っているがなかなかよくならない

四十肩、五十肩とは?

四十肩、五十肩は40代50代に多く発症するためこのように言われておりますが、30代や60代以降にも発症することはあります。

四十肩、五十肩とは俗称で正式には「肩関節周囲炎」と言います。

肩関節周囲炎は肩関節周辺の筋肉や腱、関節包が炎症を起こし、痛みや関節の可動制限を引き起こす疾患です。

肩関節周囲炎は損傷部位により分類することができ、頻度の多い疾患として肩峰下滑液包炎、上腕二頭筋長頭腱炎、石灰化腱炎、腱板断裂などがありますので、それぞれの病態や症状について解説します。

肩峰下滑液包炎

肩関節には肩腱板という筋肉の束があり肩関節を支えています。そして肩関節を滑らかに動かすために肩峰下滑液包という袋が存在します。

その肩腱板と肩峰下滑液包の間で腱板の慢性炎症や関節包の癒着などが起こり、痛みと肩関節の可動制限を引き起こします。

症状としては背中に手が回しづらい、腕が高く上がらないなどの可動域制限がおこります。そして腕を動かすと肩関節の後側や肩関節の深い部分に痛みを生じます。

肩峰下滑液包炎は整骨院や整体院の臨床では非常に多い症状となります。

上腕二頭筋長頭腱炎

力こぶをつくる筋肉が上腕二頭筋です。上腕二頭筋は長頭腱と短頭腱の2つに分かれており、長頭腱の方に炎症が起こり痛みを生じます。

症状としては肩関節の前側に痛みがあり、腕を後方に引く動作や、手を腰に回す動作で痛みが増強するのが特徴的です。

上腕二頭筋長頭腱炎は野球、テニス、水泳などのスポーツ障害として発症することも多くあります。

石灰沈着性腱板炎

石灰とはカルシウムイオンのことです。その石灰が肩関節内に沈着することにより炎症を引き起こします。

症状としては非常に痛みが強く、じっとしていても痛い、夜中痛みで眠れないなどがあります。

石灰沈着の有無はレントゲンでわかりますので、このような症状がある場合は整体や整骨院よりも先ずは整形外科を受診する方がよいと考えます。

腱板断裂

腱板断裂とは肩の筋肉のインナーマッスルの部分断裂、又は完全断裂で、転倒、重たいものを持ち上げた時、投球動作の繰り返し、スポーツでのオーバーユース、加齢によるものなど様々な原因で発症します。

症状は損傷部分の強い痛みや、肩の上げ下げの際に60~120°の角度で痛みがあり、その角度を超えると痛みが減少する特徴があります。これをペインフルアークサインと言います。

そして断裂している筋肉の筋力低下や肩関節の不安定性も認められることがあります。

MRI検査で断裂の有無を確認することができます。

四十肩、五十肩の原因

外傷やスポーツでのオーバーユースなど原因が分かっているものを除き、多くの症例では四十肩、五十肩の原因はわからないとされています。

ですが実際の臨床では姿勢の悪い方が四十肩、五十肩になっている症例がとても多いです。

猫背姿勢で肩が内側へ巻き込んでいると、肩関節の前側の筋肉は短縮し、後ろ側の筋肉は引っ張られ、非常にバランスの悪い状態になります。

そして頭や顎が身体の中心より前方へ行きやすいため首から肩、背中の筋肉も硬くなります。

  • デスクワークが多い方
  • スマホの使用が多い方
  • 車の運転が多い方
  • 運動不足の方
  • 腹筋や体幹の筋力が衰えた方

このような方は四十肩、五十肩の発症リスクが高くなると考えます。

四十肩、五十肩が中々治らない理由

四十肩、五十肩は急性期⇒慢性期⇒回復期と移行していきますので、一度患ってしまうと治るまでに要する期間は多くの症例で6カ月以上と長期に渡ってしまう疾患です。

そして、慢性期や回復期に安静に過ごしすぎてしまった場合や、必要な治療やリハビリを怠っていると治るまでに1年以上、長い場合は2~3年もかかってしまう症例もあります。

逆に適切な治療やリハビリを行うことにより、6カ月より早く完治できる可能性も十分にあると言えます。

四十肩、五十肩の急性期

四十肩、五十肩は病態のフェーズによって急性期⇒慢性期⇒回復期と移行していきます。

急性期は発症から約2週間の時期で、少し肩を動かすだけで激痛がある、じっとしていてもズキズキと痛い、夜中に痛みで目が覚める、熱感があるなどの炎症症状が強くあります。

そして強い痛みのため肩を動かすことができず肩関節の可動域が著しく低下していきます。

四十肩、五十肩の慢性期

急性期を経てその後、約6カ月間が慢性期となります。

急性期に肩を動かせなかったために肩関節が固まってしまい肩関節の可動域制限が残ったまま状態となります。

じっとしていても痛いような強い痛みはなくなりますが、洋服の着脱が痛い、腕を上げようとすると痛い、背中に手を回すと痛いなど日常生活での痛みが残ります。

四十肩、五十肩の回復期

慢性期を経て約6か月以降が回復期となります。

回復期は肩関節の可動域が徐々に元に戻ってくると同時に、痛みも緩和してきます。

ですが気をつけたいことは、痛みがなくなったが以前のように腕が高く上がらない、手が後ろまで回らない、などの可動域制限が残存することがあります。

選ばれ続ける6つの理由

  • 1

    開業15年の実績!
    口コミ件数1800件突破!

    微力ながら地域の皆様の健康を支えて15年を超えました。
    地域で口コミ数が最も多く高い評価を頂いていることが何よりの証です。
    ※令和5年1月現在

  • 2

    国家資格取得者による
    安心安全の施術をご提供

    私たちは技術力のスキルアップを常に行っており、
    全スタッフが厚生労働大臣認定の医療系国家資格を有する
    プロフェッショナルチームです。

  • 3

    姿勢画像検査
    1回の施術で効果を実感

    姿勢画像検査で歪みを視覚化し、ビフォー・アフターの変化を確認します。
    95%以上の方に施術による姿勢の変化を実感していただいております。

  • 4

    プライベートな空間
    一人一人丁寧に施術

    施術室は半個室になっており院内に入れる人数は2名までとしております。
    ゆったりとしたプライベート空間で一人一人丁寧に施術をおこなっております。

  • 5

    車でも電車でも
    アクセス抜群です

    全ての院に駐車場2台完備しており、駅からのアクセスも抜群です。
    千葉中央院(千葉中央駅徒歩1分)
    津田沼院(津田沼駅徒歩5分)

  • 6

    お子様連れでも安心の
    託児所を完備
    しています

    全ての院に保育士が在籍する託児所を完備しております。
    お子様は託児所でお預かりいたしますので、安心してお身体のケアを受けていただけます。

  •  

当院の検査の流れ

①徒手検査

徒手検査によって肩のどの部分に損傷があるのかを判断していきます。
損傷部位を明確にし、ターゲットとなる場所へ的確に施術を行っていくことが早期回復に繋がります。

②姿勢画像検査

猫背姿勢、巻き肩、骨盤の歪みを分析します。
そして施術前、施術後のお写真を確認し施術効果を視覚化して感じて頂くことができます。

③体成分分析装置InBody検査

InBody検査は筋肉量、体脂肪量、栄養バランスを測定できます。
施術後のエクササイズ指導、ダイエットサポートに活用します。
※InBody検査は希望者のみ行います。

④エコー検査(超音波画像検査)

痛めている筋肉の状態を詳しく観察する必要がある場合や、
体幹の筋力不足を確認する場合などはエコー検査を行います。
※エコー検査は必要に応じて患者様の同意のもと行います。
※エコー検査は千葉中央院のみとなります。

当院の施術の流れ

①整体治療

猫背や巻き肩を矯正し肩関節が動きやすくなる姿勢へ導いていきます。
バキバキ、ボキボキの整体ではなく、痛気持ちいい刺激で行います。

②筋膜リリース、マッサージ

筋肉が硬くなっている部分や動きが悪くなっている部分をほぐしながらリリースしていきます。
グリグリと強いマッサージをするのではなく、痛気持ちいい刺激で行います。

③最新の物理療法

体外衝撃波(圧力波)、ラジオ波、近赤外線治療器、EMS治療器などを必要に応じて行います。
物理療法は整体、骨盤矯正、筋膜リリース、マッサージ後に必要な場合のみ行います。
※物理療法は千葉中央院のみとなります。

④鍼灸治療

急性期の痛みを取り除くことに高い効果があります。
鍼灸治療は整体、骨盤矯正、筋膜リリース、マッサージ後に必要な場合のみ行います。
※鍼灸治療は希望者のみ行いますのでご安心ください。

⑤ピラティスエクササイズ

多くの四十肩、五十肩で悩まれている方は身体の使い方にクセがあります。
ピラティスエクササイズによってクセを修正することで根本改善へ導きます。

お客様の声

[ 千葉 ] 五十肩の治療で「これ以上注射はしたくない」と思い当...

昨年6月頃から、右の五十肩で痛みがひどく、夜中も飛び起きるぐらいでした。 有名な整形外科にも行ったのですが、痛みは増すばかりでした。 最初は整形外科に行って注射を、1週間に1回、5回受けたのですが、少しも痛みは良くならず、かえってひどくなっていき、これ以上注射はしたくない...

もっと詳しく見る

[ 千葉 ] 整形外科で治らなかった五十肩、ストレートネック...

頭痛がなかなか収まらず、近くの整形外科に行ったところ、ストレートネック五十肩と診断され、しばらく通院しましたが、改善されないので、以前お世話になっていたので、来院しました。 近くの整体院と比べると丁寧な施術で肩こりが改善されて、肩の上がりや腕の動きもスムーズになり楽になりま...

もっと詳しく見る

[ 千葉 ] 五十肩、1ヶ月前に右腕が動かなった。...

1ヶ月前に右腕が動かなくなり、これは五十肩が原因と言われこの治療のために継続して通院しています。 1ヶ月前と比べると、ずいぶん腕が上がるようになりました。 予約をしていくので待ち時間もありませんし治療機器だけに任せているのではなく、必ず先生がつぼ押しや骨のゆがみの調整...

もっと詳しく見る

おかげさまで口コミ件数3冠達成! おかげさまで口コミ件数3冠達成!

千葉中央院Googleの口コミを見る
津田沼院Googleの口コミを見る

院長あいさつ

この度は当サイトをご覧になって頂きありがとうございます。
伊集院整骨院グループ代表の伊集院博と申します。

四十肩、五十肩は患ってしまうと半年以上、長期に渡る場合は数年間痛みに苦しむ症例もあります。

ですが適切な治療やリハビリを行うとその期間を半分、それ以上の短期間で完治することも可能です。

そして巷には四十肩、五十肩の改善を目的とした整骨院、整体院、マッサージ店などは溢れかえるほどの数がありますが、知識や技術、院内設備のレベルは治療院によってかなり差があると感じております。

当院では再現性と即効性の高い整体技術と、最新の医療機器を用いて四十肩、五十肩で悩まれている方への施術を行っております。

もしあなたが治療を受けずに我慢している、又は整骨院、整体院、マッサージ店などに通っているが思うように改善が見られないようでしたら、是非当院にご相談いただければと思います。

院長の主な取得資格

  • 柔道整復師(整骨院業務の国家資格)
  • 鍼灸師(鍼灸業務の国家資格)
  • ハワイ大学解剖実習修了
  • BESJ認定ピラティストレーナー
  • JCCA認定コアコンディショニング・ベーシックインストラクター
  • 米国NLP協会認定マスタープラクティショナー

料金・コースのご案内

15名様限定
残り4名
期間限定5月31日迄
初回限定キャンペーン価格
通常9,100円(初診料2,200円+施術料6,900円)
初診料すべて込みで4,980円(税込)で受けられます。
その他の費用は一切かかりません。

定期的な通院をお考えの方はプリペイドカードによる割引がございます。
プリペイドカード購入をお考えの方は事前に費用をご用意ください。

×
×
×
PAGE TOP ↑