> 太ももの前に筋肉がつきすぎて困っている方へ

太ももの前に筋肉がつきすぎて困っている方へ

こんにちは、伊集院です。このようなお悩みありませんか?

 

 

「太ももの前の筋肉が付きすぎてしまいます」

 

「太ももの前が太くなってしまい困っています」

 

「太ももの前がいつもパンパンに張っています」

 

 

当てはまる方も多いのではないでしょうか?

 

 

解決法はいくつか考えられますが、そのうち1つをご紹介したいと思います。

 

 

バレエシューズやトウシューズを履いている時のシューズの中の足の状態はどうなっているのか考えてみて下さい。

 

 

足がシューズに圧迫されてしまい足幅が狭くなって縮まってしまっていて、足指が窮屈な状態になっていませんか?

 

 

もしかしたらこのような状態になってしまって入間もしれません。

 

 

下の図は「ハンマートゥ」

 

 

 

 

下の図は「浮き指」と言います。

 

 

 

 

試しにバレエシューズを履いていることをイメージして足の指先を縮めて窮屈な状態を作ってみてください。

 

 

おそらく太ももの前に力が入ってしまうと思います。

 

 

バレエを踊っている時、個人差はありますがこの足首から足の指にかけて窮屈な状態が続いていると思います。

 

 

ですからこのような足が窮屈な状態では太ももの前側に力が入ってしまうので筋肉がついてしまい太くなってしまうことは当然のことだと思います。

 

 

さて、話は少し変わりますが、バレエのレッスン以外の日常生活を考えてみましょう。

 

 

普段履きのシューズの中もバレエのレッスン時と同じ状態が起こっている可能性があります。

 

 

特にローファーやヒールのある靴、細めのスニーカーは要注意です。

 

 

そしてここに解決法があります!

 

 

そうです。普段の日常生活でも、レッスン時の癖で足首から足の指にかけて縮めてしまっていて、窮屈な状態が続いてしまい太もも前に力が入ってしまっている可能性があるのです。

 

 

バレエのレッスンの時間よりも圧倒的に長い時間を過ごす日常生活で、足首から下を解放してあげることにより太ももの前の緊張を取り除いてあげることが大切です。

 

 

足首、足の裏、足の指が柔らかい状態をキープできると太ももの前の筋肉の力が抜けるので、足も細くなりバレエのパフォーマンスも上がると思います。

 

 

そこで足首から下を解放してあげるセルフケアの方法の一つとしてインソールを紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

最近のブログ記事

月刊アーカイブ

PAGE TOP ↑